イベント関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

イベント関数を使用して、イベントをダイナミック登録したり、ユーザイベントを作成したりします。

サンプル

パレットオブジェクト説明
イベントキューを排出1つまたは複数のイベントキューから最も古い通知イベントを破棄します。 破棄したいイベントキューにフィルタイベントが含まれている場合、この関数はキュー内の最初のフィルタイベントで停止し、停止する前に発生したイベントのみを破棄します。
イベントストラクチャイベントが発生するまで待機して、そのイベントを処理する適切なケースを実行します。 イベントストラクチャには1つまたは複数のサブダイアグラム(またはイベントケース)があり、イベントの処理を実行するときに、そのいずれかが実行されます。 このストラクチャは、イベント通知を待つ間にタイムアウトできます。 イベントストラクチャの左上にあるタイムアウト端子に値を配線して、イベントストラクチャがイベントの発生を待機する時間(ミリ秒)を指定します。 デフォルトは-1で、「タイムアウトしない」です。
イベント登録イベントをダイナミック登録します。 登録できるイベントは、各イベントソース入力に配線したリファレンスのタイプによって異なります。 イベントストラクチャまたは他の「イベント登録」関数に、イベント登録Refnum出力出力を配線します。
イベント登録解除イベント登録Refnumに関連付けられたイベントをすべて登録解除します。
ユーザイベントを作成ユーザイベントへのリファレンスを返します。 LabVIEWは、配線するユーザイベントデータタイプを使用して、イベント名およびイベントのデータタイプを決定します。 ユーザイベント出力出力を「イベント登録」関数に配線して、イベントを登録します。 ユーザイベント出力出力を「ユーザイベントを生成」関数に配線して、イベントおよび関連データをイベントに登録されたすべてのイベントストラクチャに送信します。
ユーザイベントを生成ユーザイベントにユーザが配線したユーザイベントをブロードキャストして、ユーザイベントおよび関連イベントデータをイベントを処理するように登録された各イベントストラクチャに送信します。
ユーザイベント破棄関連ユーザイベントRefnumを破棄することで、ユーザイベントリファレンスを解放します。 このユーザイベントに登録されたイベントストラクチャはイベントを受信しなくなります。


「データ通信方法」ホーム

サンプル

イベント関数の使用サンプルは、以下のVIで参照できます。

  • labview\examples\Dialog and User Interface\Events\Events.lvproj
  • labview\examples\Structures\Event Structure\Event Structure.lvproj


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった