数式ノード



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

変数を1つ含む方程式を計算するには、数式ノードを使用します。 フォーミュラに使用できる標準関数には、absacosacoshasinasinhatanatanhceilcoscoshcotcscexpexpm1floorgetexpgetmanintintrzlnlnp1loglog2maxminmodrandremsecsignsinsincsinhsizeOfDimsqrttantanhがあります。

詳細  

入力は、「数式ノード」が変数として使用する値です。
出力は計算結果の値を返します。

数式ノードの詳細

数式ノードは数式に1つの変数のみが含まれている場合は役に立ちますが、それ以外の場合は複雑になります。 正しい構文演算子関数を使用して、数式ノードを作成します。

数式ノードには、以下の制限事項があります。

  • 数式ノードは、任意の複素数以外の数値データタイプを受け入れます。
  • 数式ノードは小数点としてピリオド (.) のみを受け入れます。 ノードは、地域設定小数点は認識しません。
  • 数式ノードは定数としてπのみを受け入れます。 定数は大文字と小文字を区別します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった