第1エラー検索 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

数値エラーコードを出力として生成する、1つまたは複数の低レベル関数またはサブVIのエラー状態をテストします。

詳細  

エラーコードは、ローカルサブVIまたは関数から構築された数値エラーコードの配列です。 エラー入力クラスタ内にエラーがない場合、VIは0以外の値を検出するのにこれらのコードを昇順にテストします VIが0以外の値を検出する場合、エラー出力にその入力のエラー状態が反映されます。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
ソースメッセージには、VIがエラーコード内でエラーを検出した場合にエラー出力クラスタ内に表示されるソースメッセージが含まれます。 文字列定数または制御器の別のライン上に各メッセージを配置します。 この入力の使用はオプションです。
エラー入力クラスタまたはエラーコードのいずれかがエラーを反映する場合、エラー?はTRUEとなります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

第1エラー検索の詳細

エラーを検出すると、このVIはエラー出力クラスタにパラメータを設定します。 このクラスタを「シンプル エラー処理」または「一般エラー処理」に配線し、エラーを識別してユーザに表示できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった