初めて呼び出す? 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 同期VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

サブVIまたはブロックダイアグラムの一部が初めて実行されていることを示します。 「初めて呼び出す?」関数は、実行ボタンをクリックした後初めて呼び出された際のみTRUEを返します。

「初めて呼び出す?」関数は、VI内の複数の位置に配置できます。 この関数は、配置されているブロックダイアグラムの部分の最初の実行時にTRUEを返します。

詳細  

初めて呼び出す?は、VI全体を実行した後、最初にサブVIを実行する場合はTRUEとなります。

初めて呼び出す?の詳細

この関数は、VIの実行時にサブVIまたはブロックダイアグラムの一部をループまたはケースストラクチャで一回のみ実行したい場合に役立ちます。

実行ボタンがクリックされた際、または実行 VIメソッドが実行された際など、「初めて呼び出す?」は最初の最上位の発呼者が実行された後最初にVIが実行される際、TRUEを返します。 最初の最上位発呼者がまだ実行されている間に2番目の最上位発呼者がVIを呼び出した場合、2回目に「初めて呼び出す?」が実行される際TRUEを返しません。 すべての最上位発呼者が待機状態になり、最上位発呼者が再度開始された後、待機状態の後最初にVIが実行される際「初めて呼び出す?」はTRUEを返します。 再入可能VIには、各データ空間につき1つのインスタンスがあります。 したがって、共有された再入可能VIはその最上位発呼者が最初に呼び出される際各データ空間インスタンスに対してTRUEを返します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった