固定小数点関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

固定小数点関数を使用して、固定小数点値のオーバーフローステータスを操作します。

パレットオブジェクト説明
固定小数点から整数にキャスト固定小数点入力をスケールして整数出力を生成します。 この関数では、実質上、入力の最下位ビットが出力の最下位ビットとなるように入力の算術シフトが行われます。
固定小数点のオーバーフローステータスをクリアFXPのオーバーフローステータスをFALSEにしてオーバーフローステータスを消去します。
固定小数点のオーバーフローステータスを含めるFXPオーバーフローステータスを追加します。 オーバーフローステータスの値は、オーバーフローで指定された値と同じです。
固定小数点のオーバーフローステータスを削除FXP (固定小数点) からオーバーフローステータスを削除します。
整数から固定小数点にキャスト整数入力を指定された固定小数点タイプにスケールします。 この関数では、入力の最下位ビットが出力の最下位ビットとなるように、構成可能なオーバーフロー処理を含む入力の算術シフトが行われます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった