固定小数点から整数にキャスト 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 固定小数点関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

固定小数点入力をスケールして整数出力を生成します。 この関数では、実質上、入力の最下位ビットが出力の最下位ビットとなるように入力の算術シフトが行われます。

詳細  サンプル

固定小数点は、スケールするデータです。 固定小数点は、任意の固定小数点データタイプです。
整数は、オーバーフローを防ぐために互換のある最小整数タイプにスケールされた入力データです。 この出力は、オーバーフローステータスを破棄します。

固定小数点から整数にキャストの詳細

固定小数点が符号付き数値の場合、入力データと出力データが必ず同じ符号となるよう、入力データが必要に応じて符号拡張されます。

メモ  「固定小数点から整数にキャスト」関数は「2の累乗でスケール」関数と「型変換」関数の要素を組み合わせたものです。 「固定小数点から整数にキャスト」関数は、型変換のようにビットを解釈する操作を実行しますが、「2の累乗でスケール」関数のように符号拡張を含む算術シフトも行います。

サンプル

固定小数点から整数にキャスト関数の使用サンプルは、labview\examples\NumericsディレクトリにあるFixed-Point Cast VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった