配列初期化 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

すべての要素が要素の値に初期化されたn次元の配列を作成します。

位置決めツールを使用して、関数のサイズを変更し、出力配列の次元数 (要素、行、列、ページなど) を増加します。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

要素は、初期化配列のすべての要素を初期化するのに使用する値です。 要素には任意のスカラタイプを入力できます。
次元サイズ0..n-1は数値でなければなりません。 いずれかの次元サイズが0以下の場合、関数は空の配列を生成します。 n次元の場合はn次元サイズ端子が必要です。
初期化配列は、要素に配線するタイプと同じタイプの配列です。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった