配列要素挿入 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

要素または部分配列をn次元配列指標で指定した位置に挿入します。

この関数に配列を配線すると、関数は自動的にサイズ調整して、配列の各次元の指標入力を表示します。 指標入力を配線しない場合、関数は新規の要素または部分配列をn次元配列の末尾に追加します。 指標入力が配列サイズより大きい場合、関数は入力配列に何も挿入しません。

詳細  

n次元配列は、要素、行、列、またはページを挿入する配列です。 任意のタイプのn次元配列が可能です。
指標 0..nは、要素、行、列、または、ページなどを挿入する配列内のポイントを指定します。 指標入力のみを配線できます。 たとえば、1D配列を2D配列の3番目の列に挿入する場合、4を最初の指標入力に配線すると、2番目の指標入力は無効になります。 1D配列を2D配列の3番目の列に挿入する場合、4 を最初の指標入力に配線すると、2番目の入力は無効になります。
nまたはn-1次元配列は、 n次元配列で指定される配列に挿入する要素、行、列、またはページです。
出力配列は、挿入した要素、行、列、またはページを含む配列です。

配列要素挿入の詳細

メモ  新規の要素または配列のベースデータタイプは、入力配列と同じタイプでなければなりません。 たとえば、入力配列にブール制御器リファレンスに含まれる場合、新規要素はブール制御器リファレンスである必要があります。 より一般的な要素を配列に挿入する場合に入力配列を作成するには、「より一般的なクラスに変換」関数を使用します。

この関数は、1つの次元のみで配列をサイズ調整します。 したがって、1つの指標入力のみしか配線できません。 配線する指標によって、挿入できる次元が決定します。 たとえば、行を挿入するには行指標を配線し、列を挿入するには列指標を配線します。

nまたはn-1次配列に配線する配列は、n次元配列に配線した配列よりも小さい次元でなくてはなりません。 たとえば、2D配列に単一の要素を挿入したり、3次元配列に単一の行 (1D配列) を挿入することはできません。 ただし、単一の行の2D配列は3次元配列に挿入できます。 LabVIEWは、必要に応じて出力結果の配列をパッドします。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった