整数から固定小数点にキャスト 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 固定小数点関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

整数入力を指定された固定小数点タイプにスケールします。 この関数では、入力の最下位ビットが出力の最下位ビットとなるように、構成可能なオーバーフロー処理を含む入力の算術シフトが行われます。

詳細  サンプル

固定小数点タイプは、整数データの変換先となる固定小数点データタイプです。 固定小数点データタイプの構成は、プロパティダイアログボックスの データタイプページで行います。 LabVIEWは、固定小数点タイプに配線する定数または制御器のデータのすべてを無視します。 この入力に何も配線しないで、プロパティダイアログボックスの出力構成ページで出力データタイプを構成することもできます。
整数は、スケールするデータです。 整数は、任意の整数データタイプです。
固定小数点は、指定された固定小数点データタイプにスケールされた入力データです。

整数から固定小数点にキャストの詳細

整数のワード長が固定小数点タイプのワード長よりも大きいか小さい場合、整数はまず固定小数点タイプの整数ワード長に変換され、その後指定された固定小数点タイプにキャストされます。 整数の最下位ビットは、固定小数点の最下位ビットとなるため、丸め込みは必要ありません。

この関数のデフォルト動作を無効にするには、関数を右クリックしてショートカットメニューからプロパティを選択し、プロパティダイアログボックスの出力構成ページを表示します。 このダイアログボックスで、この関数の出力設定を構成します。

メモ  「整数から固定小数点にキャスト」関数は「変換」関数、「型変換」関数、「2の累乗でスケール」関数の要素を組み合わせたものです。 「整数から固定小数点にキャスト」関数は、型変換のようにビットを解釈する操作を実行しますが、整数と固定小数点のアルゴリズムを組み合わせた際に一般的に発生する数値のオーバーフローと符号拡張の問題も処理します。

サンプル

整数から固定小数点にキャスト関数の使用サンプルは、labview\examples\NumericsディレクトリにあるFixed-Point Cast VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった