インタリーブ1D配列 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

入力配列から対応する要素を単一の出力配列にインタリーブします。

配列0..n-1は、1Dである必要があります。 入力配列のサイズが同じでない場合、交互配置配列の要素数は、最小の入力配列の最小要素数を入力配列の数で乗算した値と等しくなります。
交互配置配列[0]には配列0[0]が含まれ、交互配置配列[1]には配列1[0]が含まれ、交互配置配列[n-1]には配列n-1[0]が含まれ、交互配置配列[n]には配列0 [1]が含まれます。ここで、nは入力端子の数です。 以下の表は、入力配列の要素が交互配置配列に対して与える影響を示しています。

配列0配列1配列2インタリーブ配列
[0, 3][1, 4][2, 5][0, 1, 2, 3, 4, 5]
[0, 3, 5][1][2, 4][0, 1, 2]


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった