指数関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 基本&特殊関数およびVI

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

この基本関数のクラスを使用して、指数関数と対数関数を計算します。

このパレットにあるVIは、数学エラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
10のX乗10のx乗を計算します。
2のX乗2のx乗を計算します。
XのY乗xy乗を計算します。
XのY乗根入力値xy乗根を返します。 xが複素数でない場合、yが整数値でない限り、xは0以上である必要があります。 それ以外の場合、結果はNaNになります。
指数eのx乗の値、またはxの指数を計算します。
指数(Arg)-1eのx乗の値より1小さい値を計算します。
自然対数自然数eを底とするxの対数を計算します。
自然対数(Arg + 1)(x + 1)の自然対数を計算します。
常用対数10を底とするxの対数を計算します。
底2の対数2を底とするxの対数を計算します。
底Xの対数xを底とするyの対数を計算します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった