最大最小 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 比較関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

xy比較し、大きい方の値を上の出力端子に、小さい方の値を下の出力端子に返します。 この関数は、すべての入力がタイムスタンプ値である場合にのみタイムスタンプ値を受け入れます。 入力がタイムスタンプの場合は、後のタイムスタンプが上の出力端子に、前のタイムスタンプが下の出力端子に返されます。 この関数の比較モードを変更できます。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  サンプル

xyは同じタイプでなければなりません。
最大(x,y)は大きい方の値です。 要素の比較モード(デフォルト)で配列を比較する場合、この関数は各入力配列の対応する要素同士を比較し、最大値の要素を返します。 最大(x,y)は、最大値の要素で構成される配列です。 基礎群の比較モードで配列を比較する場合、この関数は各入力配列に対応する要素の比較を配列の先頭から開始します。 この関数が不等な対応する要素のペアを検出すると、最大(x,y)は、その要素に対して大きな値を持つ配列を返します。
最小(x,y)は小さい方の値です。 要素の比較モード(デフォルト)で配列を比較する場合、この関数は各入力配列の対応する要素同士を比較し、最小値の要素を返します。 最小(x,y)は、最小値の要素で構成される配列です。 基礎群の比較モードで配列を比較する場合、この関数は各入力配列に対応する要素の比較を配列の先頭から開始します。 この関数が不等な対応する要素のペアを検出すると、最小(x,y)は、その要素に対して小さな値を持つ配列を返します。

最大最小の詳細

NaN要素を比較する際の動作

要素の比較モードでは、1つまたは両方の入力がNaN (数値以外) の場合、この関数は以下の結果を生成します。

  • 両方の入力がNaN―最大 (x,y) および最小 (x,y) の両方がNaNを返す
  • 1つの入力のみがNaN―最大 (x,y) および最小 (x,y) の両方が非NaN値を返す
  • 入力が配列―前回の規則に従って、関数が要素の各ペアを評価

基礎群の比較モードでは、1つまたは両方の入力がNaN (数値以外) の場合、この関数は以下の結果を生成します。

  • 両方の入力がNaN―最大 (x,y) および最小 (x,y) の両方がNaNを返す
  • 1つの入力のみがNaN―最大 (x,y) xを返し、最小 (x,y) yを返す
  • 入力が配列―関数がいずれかの入力配列でNaN値を検出する場合、最大 (x,y) xを返し、最小 (x,y) yを返す

サンプル

最大最小関数の使用サンプルは、labview\examples\ComparisonディレクトリにあるMax and Min VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった