メニュー関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

メニュー関数を使用して、LabVIEWアプリケーションでメニューを変更します。 パレットの最上段の行にある関数を使用して、メニュー選択を処理します。

サンプル

(Real-Timeモジュール) これらの関数は、RTターゲットで実行されるVIでは使用できません。

パレットオブジェクト説明
メニューショートカット情報取得所定のショートカットを使用してアクセスできるメニュー項目を返します。
メニュートラッキング有効メニューバーの選択の追跡記録を有効または無効にします。
メニュー項目を削除メニューまたはメニュー内のサブメニューからメニュー項目を削除します。
メニュー項目を挿入項目名または項目タグによって指定されたメニュー項目をメニュー内のメニューまたはサブメニューに挿入します。
メニュー項目情報取得メニュー項目またはメニューバーの属性を返します。
メニュー項目情報設定メニュー項目の属性を設定します。
メニュー選択取得任意でタイムアウト (ms) ミリ秒間待機している最後に選択されたメニュー項目の項目タグを返します。
現在のVIのメニューバー現在のVIのメニューリファレンスrefnumを返します。

サンプル

メニュー関数の使用サンプルは、labview\examples\Dialog and User Interface\MenuディレクトリにあるCustomizing the Menubarで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった