エラー結合 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

異なる関数のエラー入出力クラスタを結合します。

この関数は、エラー入力0パラメータで始まるエラーを検索し、最初に検出されたエラーをレポートします。 関数がエラーを検出しない場合は、警告を検索して、最初に検出された警告を返します。 関数が警告を検出しない場合は、エラーなしを返します。 例外処理を使用して、通常のエラーをエラーなしとして処理するか、または警告をエラーとして処理します。

詳細  

エラー入力0により、エラーをチェックする最初のエラー状態がわかります。
エラー入力1により、エラーをチェックする2番目のエラー状態がわかります。
エラー出力にはエラー入力0エラー入力1で最初に検出されたエラーが含まれ、配線されている各入力が降順で続きます。 VIでエラーが検出されない場合は、エラー出力に最初に検出された警告が含まれます。

エラー結合の詳細

この関数をブロックダイアグラムに配置する場合、使用可能な入力が2つあります。 ノードに入力を追加するには、入力を右クリックしてショートカットメニューから入力を追加を選択するか、ノードのサイズを変更します。 入力を削除するには、入力を右クリックしてショートカットメニューから入力を削除を選択するか、サイズ変更ハンドルを使用してノードのサイズを変更します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった