新規VI 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: VI スクリプト

新規VIへのリファレンスを作成して返します。

詳細  

タイプ識別子VI refnum(タイプのみ)は、VI refnumに返される新しいVIのデータタイプを決定します。 このパラメータに既存のVIへのリファレンスを配線すると、そのVIのデータタイプが新しいVIに割り当てられます。 ただし、新しいVIに既存VIの内容はコピーされません。

この入力にデータを配線しないと、VI refnumの一般VIリファレンスが返されます。
オプションは、この関数が作成する新しいVIリファレンスの2つのオプション特性を指定します。 デフォルト値は0x0です。 オプションは、次の値の組み合わせのいずれかで指定します。
0x01この関数が作成する新しいVIへのVIサーバによる変更を記録します。 VIサーバプロパティまたはメソッドによって新しいVIを変更すると、VIのタイトルバー、ウィンドウメニューに表示される現在開いているVIのリスト、すべてのウィンドウダイアログボックスで、そのVIの名前の横にアスタリスクが表示されます。 修正を記録するためには、VIが編集モードである必要があります。
0x04閉じる際にユーザにプロンプトを表示します。 変更後にVI refnumを閉じようとすると、VIの保存を促すメッセージが表示されます。
アプリケーションrefnumは、新しいVIを作成するLabVIEWアプリケーションインスタンスへのリファレンスです。 デフォルトでは、新しいVIは「新規VI」関数を呼び出したアプリケーションインスタンス内に作成されます。 アプリケーションrefnumにリモートアプリケーションインスタンスへのリファレンスを配線すると、新しいVIがそのリモートアプリケーションインスタンスに作成されます。
テンプレートは、この関数によって作成される新しいVIにコピーする内容のテンプレートVIへのパスです。

テンプレート入力にパスを配線してテンプレートからVIを作成することで、新しいVIで各テンプレートオブジェクトを作成する手間を省くことができます。 新しいVIでは、テンプレートからコピーしたコードの細部を変更してカスタマイズできます。 コードを変更するには、コピーしたコードのオブジェクトへのリファレンスを取得する必要があります。 その後、プロパティを設定したり、メソッドをインボークすることでそのオブジェクトを変更できます。
viタイプは、関数からvi refnumとして返されるVIのタイプを厳密に指定します。 viタイプは、タイプ識別子VI refnum(タイプのみ)以上に厳密である必要があります。

0invalid VI type
1Standard VI(デフォルト)
2Control VI
3Global VI
4Polymorphic VI
5Configuration VI
6SubSystem
7Facade VI
8Method VI
9Statechart Diagram VI
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
パスワードは、テンプレートパラメータで指定されたVIのパスワードです。 テンプレートがパスワード保護されていない場合、パスワードは無視されます。 テンプレートがパスワード保護されている場合にパスワードに何も配線しないと、テンプレートVIのパスワード保護されていない部分だけが新しいVIにコピーされます。
VI refnumは新しく作成されたVIへのリファレンスです。 新規VIの作成に失敗した場合、VI refnum非Refnumを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

新規VIの詳細

デフォルトでは、作成されたVIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムは表示されません。 新しいVIはフロントパネルまたはブロックダイアグラムを開かずに確認または修正できますが、以下のVIプロパティおよびメソッドによって新規VIを表示または配置できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった