数値をブール配列に変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ブール関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

固定小数点の整数をブール配列に変換します。 整数を数値に配線する場合、整数のビット数に応じてブール配列は8、16、32、または64個の要素の配列を返します。 固定小数点数を数値に配線する場合、ブール配列が返す配列のサイズは固定小数点数のワード長と等しくなります。 配列の0番目の要素は、整数の2の補数の表記の最下位ビットに対応します。

詳細  

数値は数値です。
ブール配列は、数値が整数の場合、8、16、32、または64個の要素を含むことが可能です。 数値は固定小数点で、ブール配列は1~64の範囲が可能です。

数値をブール配列に変換の詳細

オーバーフロー状態を含む固定小数点数を数値に配線すると、この関数はオーバーフロー状態を無視し、数値をブール配列にだけ変換します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった