1ボタンダイアログ 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

メッセージと1つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。

printfステートメントを標準出力ストリームにするには、「CCG Console Output」VIを使用します。 ただし、ターゲットにユーザインタフェースがあり、ボタンおよびメッセージを含むダイアログボックスが必要な場合は、「1ボタンダイアログ」関数を使用します。

メッセージは、ダイアログボックスに表示されるテキストです。 テキストを追加するとダイアログボックスが拡張します。 この関数は、ダイアログボックスの大きさに合わせてテキストを自動的に折り返します。 ダイアログボックスは、コンピュータで表示可能なテキストの量を表示できます。 ダイアログボックスが希望のサイズよりも大きくなったときにスクロールバーを表示したい場合は、「3ボタンダイアログ」VIを使用します。 このVIでは、非表示にしたいボタンのボタンテキスト入力に空の文字列を配線することにより、3ボタンダイアログボックスを1つまたは2つボタンダイアログボックスに変換できます。
ボタン名は、ダイアログボックスボタンに表示される名前です。 デフォルト値はOKです。
TRUEの場合、ダイアログボックスボタンを使用したか、クローズウィンドウボタンを使用したかに関わらず、このダイアログボックスが閉じるとTRUEが返されます。 この出力を使用して、下位関数の実行順序を制御することもできます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった