パス定数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ファイル定数

インストールパッケージ: ベース開発システム

この関数を使用して、ブロックダイアグラムにパス定数の値を提供します。

定数を右クリックして、ショートカットメニューからパスを参照を選択して、パスを選択します。 パス定数の値は、操作ツールまたはラベリングツールを使用して、パス定数の値をクリックして、パスを入力して設定することもできます。 LLBのVIへのパスを入力するには、LLBへのパスの末尾にバックスラッシュとVI名を追加します。 たとえば、C:\example.llb\color.viのようになります。 パレットからVIのパスを入力するには、ブロックダイアグラムにVIを配置して、<Ctrl>キーを押しながらVIをパス定数にドラッグします。

パス定数はサイズ変更するできます。

VIが実行中は、パス定数の値は変更できません。 この定数にラベルを割り当てることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった