キュー操作関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: データ通信VIおよび関数, 同期VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

キュー操作関数を使用して、ブロックダイアグラムの各部または異なるVIの間でのデータ通信するためのキューを作成します。

ノーティファイア操作関数と異なり、キュー操作関数はデータをバッファに格納します。

パレットオブジェクト説明
キューステータス取得キューに現在ある要素数など、キューの現在の状態に関する情報を返します。
キュー解放キューへのリファレンスを解放します。
キュー取得キューへのリファレンスを返します。
キュー排出キューからすべての要素を削除して、要素を配列として返します。
キュー要素をプレビューキューから要素を削除せずに、キューの前の要素を返します。
先頭に要素をエンキューキューの前に要素を追加します。
要素をエンキューキューの後に要素を追加します。
要素をエンキュー (ロッシー)キューに要素を追加します。 キューに使用できる空間がない場合、この関数はキューの前の要素を削除し、この要素を破棄して空間を確保します。 「要素をエンキュー」関数と異なり、この関数はキューで空間が使用可能になるまで待機しません。 キューの最大サイズを設定するには、「キュー取得」関数を使用します。
要素をデキューキューの前から要素を削除して、その要素を返します。


「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった