From 12:00 AM CDT Sunday, October 17 - 11:30 AM CDT Sunday, October 17, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.

商&余り 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

入力値の整数の商と剰余を計算します。 この関数は、floor(x/y)を-inf方向の最も近い整数に丸めます。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

xは、スカラ、数値の配列またはクラスタ、数値のクラスタの配列などにできます。
yは、スカラ、数値の配列またはクラスタ、数値クラスタの配列などにできます。
x-y*floor(x/y)は剰余です。 これは、テキストベースのプログラミング言語のモジュロ(剰余)関数に相当します。 yが1の場合、剰余はxの小数の部分になります。
floor(x/y)は整数型の商です。 どちらかの入力が浮動小数点数の場合、商は小数点部が.0000となる浮動小数点数になります。 yが1の場合、商はxの整数部分になります。

商&余りの詳細

yの整数入力値が0の場合、商は0になり、剰余は被除数xになります。 浮動小数点入力では、yが0の場合、商は無限大になり、剰余はデフォルトのNaNになります。

メモ  実数のすべてをANSI/IEEE規格の浮動小数点で表すことはできません。 このため、この関数と浮動小数点の数値を使用すると、LabVIEWで丸め誤差が発生し、予期せぬ結果が生じる場合があります。 正確な計算と比較を実現するには、浮動小数点数を整数に変換します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった