キーを読み取る VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 構成ファイルVI

インストールパッケージ: ベース開発システム

refnumによって識別された構成データから指定されたセクションのキーに関連付けられた値を読み取ります。 キーが存在しない場合、VIはデフォルト値を返します。 このVIは、文字列内のマルチバイト文字をサポートします。 デフォルト値入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。

サンプル

プルダウンメニューを使用してこのVIのインスタンスを選択してください。

キーを読み取る (ブール)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

キーを読み取る(DBL)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

キーを読み取る(I32)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

キーを読み取る(パス)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

キーを読み取る(文字列)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
未処理文字列を読み取る?は、印刷不能文字と¥マークをエスケープ処理せずに文字列が書き込まれたかどうかを指定します。 FALSE(デフォルト)の場合、VIは¥マークと2つの16進文字(¥xx)で<ESC>など、文字列内の印刷できない文字を置き換えます。 TRUEの場合、文字列内の印刷できない文字は変換されません。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

キーを読み取る(U32)

セクションは、指定されたキーを読み取るセクションの名前です。
refnumは構成データのリファレンス番号です。
キーは読み取るキーの名前です。
デフォルト値は、VIが指定されたセクションでキーを検出しないか、またはエラーが発生した場合に返す値です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は構成データのリファレンス番号です。
検出された?は、指定したセクションでキーが検出された場合TRUEになります。
は、キーの値です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

キーを読み取るVIの使用サンプルは、labview\examples\File IO\Configuration (INI)ディレクトリにあるConfiguration (INI) File.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった