逆数 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

1を入力値で割ります。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  サンプル

xは、スカラ、数値の配列またはクラスタ、数値のクラスタの配列などにできます。
1/xは、xが0の場合は無限になります。 1/xは、xが整数の場合倍精度浮動小数点数になります。

メモ  この関数を、指定したタイプのデータを出力するように手動で構成できます。 出力データタイプを指定するには、関数を右クリックして、プロパティを選択してオブジェクトプロパティダイアログボックスを表示します。 出力構成ページで表記法アイコンをクリックして、目的のデータタイプを選択します。 出力データタイプが構成されていることを示すために、関数の出力端子に青い強制ドットが表示されます。

逆数の詳細

固定小数点の詳細

この関数に固定小数点を配線すると、デフォルトではオーバーフローを回避するために逆数の整数ワード長が設定されます。 ただし、逆数の精度は無限になる可能性があるため、常に丸め込みの状態が発生します。 固定小数点数データの丸め込みの処理方法は、数値ノードプロパティダイアログボックスで設定できます。 この関数では、常に飽和というオーバーフローモードによってオーバーフローが処理されます。

サンプル

逆数関数の使用サンプルは、labview\examples\NumericsディレクトリにあるNumeric Functions VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった