固定小数点のオーバーフローステータスを削除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 固定小数点関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

FXP (固定小数点) からオーバーフローステータスを削除します。

オーバーフローステータスをFALSEに変更するには、「固定小数点のオーバーフローステータスをクリア」関数を使用します。

FXPは固定小数点数を指定します。
オーバーフローが削除されたFXPはオーバーフロー状態を削除したFXPを返します。 FXPにオーバーフロー状態が含まれない場合、オーバーフローが削除されたFXPは変更されていないFXPを返します。
FXPがオーバーフローした処理の結果であり、オーバーフローステータスが含まれる場合、オーバーフロー?はTRUEになります。 FXPにオーバーフロー状態が含まれない場合、またはオーバーフロー状態ではあるもののオーバーフロー演算の結果ではないFXPである場合、オーバーフロー?はFALSEになります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった