配列次元変更 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

次元サイズ 0..m-1の値に基づいて配列の次元を変更します。

この関数は、メモリの配列データを左から右へ行ごとに読み取り、次元変更された配列を同様に生成します。 たとえば、{0,1,2, 3}が2列ある8要素の2D配列を、サイズが2と4に定義された2つの次元を指定して渡した場合、関数は{{0,0,1,1}, {2,2, 3, 3}}という配列を返します。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

n次元配列は、任意のタイプのn次元配列を入力できます。
次元サイズ0..m-1m次元配列の次元を指定します。この値は数値である必要があります。 いずれかの次元サイズが0の場合、関数は空の配列を生成します。 m次元の場合はm次元サイズ端子が必要です。
m次元配列は、次元サイズの積が入力配列の要素数より大きい場合、関数は、n次元配列のデフォルトのデータタイプで新規の配列をパディングします。 次元サイズの積が入力配列の要素数よりも小さい場合、関数は余分な配列を切り捨てます。

配列次元変更の詳細

この関数は、変更された配列次元に従ってメモリ内の配列データを調整します。 この関数は、必要に応じてデータをパッドまたは切り捨てます。 たとえば、9個の要素{0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8}を含む1D配列を2と3のサイズで定義された2つの次元の関数に渡した場合、関数は{{0, 1, 2}, {3, 4, 5}}を含む2D配列を返します。 出力配列には6つの値しか含めることができないため、関数は最後の3つの入力要素を切り捨てます。

この関数のサイズを変更するには、次元サイズパラメータの数値を増加します。 m次元配列は各次元サイズ入力につき1つの次元があります。 たとえば、この関数を使用して1D配列を2D配列に変更する、または2D配列を1D配列に変更できます。 また、この関数を使用して1D配列のサイズを増加あるいは減少することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった