キャリーと一緒に右に循環 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: データ操作関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

の各ビットを右へ1ビット (最上位から最下位ビットに) 循環させて、キャリーを上位ビットに挿入して、最下位ビットを返します。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

キャリーは値の新しい上位ビットです。
は整数でなければなりません。 配列またはクラスタにすることはできません。
lsbキャリー出力は循環前のの最下位ビットです。
は新規の値です。 出力のデータタイプは、入力のデータタイプにより決定されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった