切り下げ整数化 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数値関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

入力を次に小さい整数に切り捨てます。

たとえば、入力値が3.8の場合、結果は3になります。 入力値が-3.8の場合、結果は-4になります。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

サンプル

xは、スカラ、数値の配列またはクラスタ、数値のクラスタの配列などにできます。
floor(x): 最大整数 <= xは、xに最も近い結果の最小整数になります。 入力がタイムスタンプ値の場合、関数は前の秒へ切り捨てます。 xx = a + bi の形式の場合、つまりxが複素の場合、関数はxの実部および虚部の次に小さい整数によって定義された複素数を返します。 以下の式はfloor(x): largest int <= xを定義します:

floor(x) = floor(a) + i floor(b)

サンプル

切り下げ整数化関数の使用サンプルは、labview\examples\NumericsディレクトリにあるNumeric Functions VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった