1D配列検索 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

開始指標から始まる順序で1D配列内の要素を検索します。 検索は線形であるため、この関数を呼び出す前に配列をソートする必要はありません。 要素が検出されると、即座にLabVIEWは検索を停止します。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

1D配列は任意のタイプの1D配列を入力できます。
要素は、入力配列を検索する値です。 要素の表記法は1D配列の表記法と同じである必要があります。
開始指標は数値でなければなりません。 デフォルトは0です。
要素の指標は、要素が検出された場所の指標です。 関数が要素を検出しない場合、要素の指標は–1になります。

1D配列検索の詳細

この関数を使用して、配列の要素でない値の指標は検索できません。 たとえば、2つの要素 (0.0および1.0) の配列がある場合、その値は配列の要素でないため、この関数は0.5の値の指標を検出しません。 「しきい値1D配列」を使用して小数指標を検索します。

この関数は、指定する要素が配列要素に正確に一致する場合のみ文字列を検出します。 たとえば、2つの要素 (上限および下限) で構成される配列がある場合、リミットの値の指標は配列要素に正確に一致しないため、この関数は指標を検出しません。 上記の例など、正規表現が使用された文字列を検索するには、「正規表現で一致」関数を使用してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった