2D配列ソート VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 配列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

指定された行または列を昇順にソートして2D配列の行または列を並べ替えます。

このVIは、指定された行または列の要素を、各データタイプ用の比較規則に従って要素を比較することにより昇順に並べ替えます。

詳細  サンプル

2D配列は、ソートする2D配列を指定します。

この入力は、refnum以外のすべてのデータタイプの配列を受け付けます。
指標付けする次元は、ソートに使用する2D配列の次元を指定します。

0column(デフォルト)―指標付けされた列の要素を昇順にソートして行を並べ替えます。
1row(デフォルト)―指標付けされた行の要素を昇順にソートして列を並べ替えます。
指標は、並べ替える列または行の指標を指定します。

この入力は、符号付き32ビット整数または符号付き32ビット整数の配列を受け付けます。
ソート後のD配列は、ソート後の2D配列を返します。
指標が範囲外?は、指標付けされた列または行が2D配列に存在しない場合にTRUEを返します。 それ以外の場合、この出力はFALSEを返します。

2D配列ソートの詳細

下の例は、このVIで指標付けする次元が列の場合に、以下の2D配列をどのようにソートされるかを示しています。

Alice28Femaledeveloper
Robert31MaleManager
David29MaleTechnician
Kate29FemaleEngineer

指標が1の場合、このVIは以下の配列を返します。

Alice28Femaledeveloper
David29MaleTechnician
Kate29FemaleEngineer
Robert31MaleManager
メモ  指標付けされた列で複数の行に同じ要素がある場合、このVIは元の行の順序を維持します。

指標が3の場合、このVIは以下の配列を返します。

Kate29FemaleEngineer
Robert31MaleManager
David29MaleTechnician
Alice28Femaledeveloper
メモ  このVIは、文字列要素を大文字と小文字を区別して並べ替えます。 この例では、指標付けされた列にdeveloper、Manager、Technician、Engineerという要素があります。 このVIは、この列をEngineer、Manager、Technician、developerの順に並べ替えます。

指標が{2, 0}の場合、このVIは以下の配列を返します。

Alice28Femaledeveloper
Kate29FemaleEngineer
David29MaleTechnician
Robert31MaleManager
メモ  指標が配列の場合、このVIは、指標付けされた複数の列の要素を順に並べ替えます。 この例では、このVIは、列2の要素を最初に昇順に並べ替え、その後で列0の要素を並べ替えます。

サンプル

2D配列ソートVIの使用サンプルは、labview\examples\Malleable VIs\BasicsディレクトリにあるMalleable VIs Basics.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった