バイトスワップ 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: データ操作関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

データの各ワードに対して、上位8ビットと下位8ビットをスワップします。

浮動小数点または固定小数点数をバイトスワップする場合、数値制御器の配列をタイプ入力、浮動小数点または固定小数点をx入力に配線することで、「型変換」関数を使用して値を1D配列に型変換します。 次に、「1D配列反転」関数を使用して、配列を反転された要素と浮動小数点数に変換します。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

データは整数、整数の配列、またはバイトスワップする整数を含むクラスタです。 データがクラスタで整数を含む場合、この関数はクラスタの整数要素のみをスワップします。 Refnumとバリアントのいずれも無効な入力です。 いずれの場合も、入力ワイヤが壊れます。
バイトスワップされたデータは、データと同じデータタイプおよび構造です。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった