同期VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: データ通信VIおよび関数, プログラミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

同期VIおよび関数を使用して、並行して実行されている複数のタスクを同期化し、それらのタスク間でデータを渡すことができます。

パレットオブジェクト説明
初めて呼び出す?サブVIまたはブロックダイアグラムの一部が初めて実行されていることを示します。 「初めて呼び出す?」関数は、実行ボタンをクリックした後初めて呼び出された際のみTRUEを返します。


サブパレット説明
Real-Time FIFO VIsUse the Real-Time FIFO VIs to transfer data between VIs in an application. An RT FIFO acts like a fixed queue, where the first value you write to the FIFO is the first value that you can read from the FIFO.
オカーレンス関数オカーレンス関数を使用して、別個の同期アクティビティを制御します。
キュー操作関数キュー操作関数を使用して、ブロックダイアグラムの各部または異なるVIの間でのデータ通信するためのキューを作成します。
セマフォVIセマフォVIを使用して、共有(保護)リソースで同時操作が可能なタスク数を制限します。 保護リソースまたはコードの重要部分は、グローバル変数への書き込みや、外部計測器との通信を必要とする場合があります。
ノーティファイア操作関数ノーティファイア操作関数を使用して、特定のブロックダイアグラムの実行を、同じアプリケーションインスタンス内の別のブロックダイアグラムやVIからのデータを受け取るまで保留できます。
ランデブーVIランデブーVIを使用して、特定の時点で複数の別個の並列タスクの同期を取ります。 ランデブーに達した各タスクは指定した数のタスクがランデブーで揃うまで待機し、すべてのタスクが揃ったら実行に移ります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった