3ボタンダイアログ VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

メッセージと3つのボタンを含むダイアログボックスを表示します。

詳細  

メッセージの位置調整は、表示されるテキストの行端揃えを設定します。

0Left―テキストを左揃えにします。
1Center―テキストを中央揃えにします。
2Right―テキストを右揃えにします。
ウィンドウタイトルは、ダイアログボックスのタイトルバーに表示されるテキストです。
メッセージは、ダイアログボックスに表示されるテキストです。 ダイアログボックスの最大サイズは、使用しているコンピュータの画面解像度およびシステムフォントサイズにより決まります。 テキストがダイアログボックスの最大サイズを超えると、縦のスクロールバーが右側に表示されます。 スクロールすると、最大サイズの外にあるテキストが表示されます。
左ボタンテキストは、左ボタン上に表示するテキストです。 デフォルトははいです。
中央ボタンテキストは、中央ボタン上に表示するテキストです。 デフォルトはいいえです。
右ボタンテキストは、右ボタン上に表示するテキストです。 デフォルトはキャンセルです。
キーボードショートカットは、ダイアログボックスにある各ボタンのキーボードショートカットを指定します。 たとえば、ダイアログボックスにあるヘルプボタンに<F1>キーのショートカットを指定できます。 デフォルトは左ボタンに<Enter>キーのショートカットで、中央および右ボタンにはショートカットは設定されていません。
左ボタンキーショートカットは、左ボタンのキーボードショートカットを指定します。
CtrlがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Ctrl>キーを含みます。
ShiftがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Shift>キーを含みます。
キーはショートカットキーの名前です。 キーは、プロパティダイアログボックスのキー操作ページのキーの名前と一致しなければなりません。
中央ボタンキーショートカットは、中央ボタンのキーボードショートカットを指定します。
CtrlがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Ctrl>キーを含みます。
ShiftがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Shift>キーを含みます。
キーはショートカットキーの名前です。 キーは、プロパティダイアログボックスのキー操作ページのキーの名前と一致しなければなりません。
右ボタンキーショートカットは、右ボタンのキーボードショートカットを指定します。
CtrlがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Ctrl>キーを含みます。
ShiftがTRUEの場合、キーボードショートカットは<Shift>キーを含みます。
キーはショートカットキーの名前です。 キーは、プロパティダイアログボックスのキー操作ページのキーの名前と一致しなければなりません。
ウィンドウを閉じることをユーザに許可する?がTRUE(デフォルト)の場合は、オペレーティングシステムのウィンドウクローズボタンをダイアログボックスに表示して、左、中央、または、右ボタンをクリックせずにダイアログボックスを閉じることができます。 ほとんどのオペレーティングシステムでは、ウィンドウズクローズボタンはウィンドウの右上角に表示されます。
選択ボタン?は、ユーザがどのボタンをクリックしたかを示します。

0Left Button
1Center Button
2Right Button
3Window Close―ユーザが、ボタン、中央ボタン、右ボタンをクリックせずに、ダイアログボックスを閉じました。

3ボタンダイアログの詳細

空の文字列をボタンテキスト入力に配線した場合、このVIはそのボタンを非表示にします。 これにより、3ダイアログボックスを1または2ボタンダイアログボックスに変換できます。 たとえば、この機能を使用して、ヘルプが必要ない場合にヘルプボタンを非表示にできます。 空の文字列を3のボタンテキスト入力すべてに配線した場合、このVIは1つのデフォルトのOKボタンとともにダイアログボックスを表示します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった