タイミングストラクチャおよびVI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ストラクチャ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Real-Time, Windows)。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

タイミングストラクチャおよびVIを使用して、タイミングストラクチャがサブダイアグラム実行するレートおよび優先度を制御したり、タイミングストラクチャの開始時間と同期を取ったり、タイミングソースを作成したり、タイミングソースの階層を確立したりします。

サンプル

このパレットにあるVIおよび関数は、タイミングループエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
ソフトウェアトリガのタイミングソースを生成ソフトウェアトリガのタイミングソースを生成します。 ソフトウェアトリガのタイミングソースを作成するには、「タイミングソースを作成」VIを使用します。
タイミングシーケンスタイミングシーケンスストラクチャは、順番に実行される内部または外部のタイミングソースによって、複数のサブダイアグラムまたはフレームで構成されます。 タイミングシーケンスストラクチャは、タイミングループと異なり、1回のみ各フレームを実行して反復を繰り返しません。 正確なタイミング、実行時のフィードバック、動的に変化するタイミング特性、または複数の実行優先度で1回のみ実行されるVIを開発する場合、タイミングシーケンスストラクチャを使用します。 タイミングシーケンスストラクチャの枠を右クリックして、フレームの追加、削除、挿入および結合を行います。
タイミングストラクチャの開始を同期化同期グループ名に入力する同期グループに名前を追加して、タイミングストラクチャ名で入力するタイミングループまたはタイミングシーケンスストラクチャの開始を同期化します。
タイミングストラクチャを停止名前に入力したタイミングループまたはタイミングシーケンスストラクチャを中止します。
タイミングソースをクリア別のリソースが使用するために作成または指定したタイミングソースを停止して削除します。 VIは、タイミングソースを参照するすべての有効なタイミングストラクチャの現在の反復が完了すると、タイミングソースをクリアにします。
タイミングソースを作成タイミングストラクチャの実行制御に使用できる1 kHz、1MHz、ソフトウェアトリガのタイミングソースを作成します。 各タイミングソースには独自のタイミングと開始時間またはそのどちらかがあり、タイミングソースを使用する最初のタイミングストラクチャが開始されるまで開始されません。 使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。
タイミングソース階層を構築タイミングソース名に入力した名前に基づいてタイミングソースの階層を作成します。
タイミングループ指定する周期で、1つまたは複数のサブダイアグラム、フレーム、またはループの各反復を連続的に実行します。 マルチレートタイミング機能、正確なタイミング、ループ実行時のフィードバック、ダイナミックに変化するタイミング特性、または複数のレベルの実行優先度を含むVIを開発する場合、タイミングループを使用します。 ストラクチャの枠線を右クリックして、フレームの追加、削除、挿入および結合を行います。

サンプル

タイミングストラクチャおよびVIの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Timed LoopディレクトリにあるTimed Loop.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった