固定小数点に変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 変換VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

複素数でない数値を固定小数点表記に変換します。

値を固定小数点タイプ入力に配線しないか、またはこの関数用に出力設定を構成する場合、固定小数点出力のデータタイプは数値入力に適応します。 たとえば、8ビット符号なし整数を数値入力に配線する場合、LabVIEW は8ビット符号なし固定小数点数値を8整数ビットで返します。 この関数は、オーバーフローが発生した場合、デフォルトで数値を飽和演算します。

詳細  

固定小数点タイプは、整数データの変換先となる固定小数点データタイプです。 固定小数点データタイプの構成は、プロパティダイアログボックスの データタイプページで行います。 LabVIEWは、固定小数点タイプに配線する定数または制御器のデータのすべてを無視します。 この入力に何も配線しないで、プロパティダイアログボックスの出力構成ページで出力データタイプを構成することもできます。
数値は複素数以外の数値にできます。
固定小数点は、指定された固定小数点データタイプにスケールされた入力データです。

固定小数点に変換の詳細

この関数のデフォルト動作を無効にするには、関数を右クリックしてショートカットメニューからプロパティを選択し、プロパティダイアログボックスの出力構成ページを表示します。 このダイアログボックスで、この関数の出力設定を構成します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった