小文字に変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 文字列関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

文字列内のすべてのアルファベット文字を小文字に変換します。 文字列内のすべての数字を文字のASCIIコードとして評価します。 この関数は、アルファベット文字以外の文字に影響しません。

コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

文字列は、文字列、文字列のクラスタ、文字列の配列、または文字列のクラスタの配列です。
小文字文字列は、文字列と同じ構造を持ちます。

小文字に変換の詳細

文字列が数値または数値配列の場合、各数値はASCII値として評価されます。 「小文字に変換」関数は、65~90の範囲内のすべての値を97~122の範囲の値に変換します。 また、アクセントが付けられた英大文字など、対応する小文字がある拡張ASCII文字セットのその他の値も変換します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった