Gオブジェクトを走査 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: VIスクリプトVIおよび関数

インストールパッケージ: VI スクリプト

ターゲット内で特定のタイプのオブジェクトを検索して、それらのオブジェクトへのリファレンスの配列を返します。 ターゲットには、フロントパネル、ブロックダイアグラム、他のオブジェクトを含むオブジェクト (Forループ、クラスタ、ユーザ定義制御器など) を指定できます。 また、再帰的に他のコンテナオブジェクト内にネストされたオブジェクトも検索できます。

詳細  サンプル

その他のRefnumは、走査ターゲットOtherとして指定した場合、検索するコンテナオブジェクトへのリファレンスです。 この入力は、走査ターゲットFPまたはBDの場合は無視されます。
走査ターゲットは走査するコンテナオブジェクトのタイプを示します。 この入力には、以下の表のような値が使用されます。

0FP―フロントパネル
1BD―ブロックダイアグラム
2Other―フロントパネルまたはブロックダイアグラム以外のオブジェクトコンテナ。 たとえば、ストラクチャダイアグラムやクラスタなどが含まれます。
VI refnumは走査するVIへのリファレンスです。 この入力は、走査ターゲットFPまたはBDの場合に使用されます。 特定のコンテナオブジェクトへのリファレンスをその他のRefnumに配線すると、この入力は無視されます。
クラス名は、検索するオブジェクトのVIサーバクラス名です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
生成されたコードを走査は、特定の関数実装プロセス中に生成されるコードを走査するかどうかを指定します。 デフォルトはFALSEです。
複製VI refnumVI refnumを変更せずに返します。
リファレンスはこのVIが検出するGオブジェクトへのリファレンスの配列です。 必要に応じて、「より特定のクラスに変換」関数で各リファレンスをダウンキャストします。
リファレンス数リファレンス配列内のリファレンスの数です。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

Gオブジェクトを走査の詳細

このVIを使用するには、ブロックダイアグラムではBDまたはフロントパネルではFP走査ターゲットおよび検索するオブジェクトのクラス名を指定します。 フロントパネルまたはブロックダイアグラムではなく特定のコンテナオブジェクトを走査するには、ターゲットをOtherに指定し、特定のオブジェクトのリファレンスをその他のRefnum入力に渡します。

サンプル

Gオブジェクトを走査VIの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Scripting\Finding and Modifying ObjectsディレクトリにあるUsing Traverse VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった