バンドル解除 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: クラスタ、クラス、バリアントVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラスタを1つ1つの要素に分割します。

この関数にクラスタを配線すると、配線したクラスタの各要素の出力が表示されるように関数が自動的にサイズ変更されます。 コネクタペーンには、この多態性関数のデフォルトのデータタイプが表示されます。

詳細  

クラスタはアクセスする要素が含まれているクラスタです。
要素 0..n-1は、クラスタの要素です。

バンドル解除の詳細

この関数は、各要素の出力を、クラスタと同じ順序で生成します。 この関数の出力の数は、クラスタの要素の数と一致する必要があります。 同じタイプの要素が複数ある場合は、クラスタでの順序に注意してください。 誤って間違った要素にアクセスしても、エラーは発生しません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった