フロントパネルアクティビティを待機 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

関数が監視対象のフロントパネルでのアクティビティを検出するまで、実行モードの発呼者VIのブロックダイアグラムの実行を一時停止します。

詳細  

待機しない!がTRUEの場合、VIは実行を一時停止せずに実行されます。
フロントパネルは、フロントパネルの動作を監視するVIへのリファレンスです。 この入力には、VI、フロントパネル、または制御器リファレンスを配線できます。 制御器リファレンスを配線すると、VIは制御器を含むフロントパネルの動作を監視します。 リファレンスを指定しない場合、関数はその関数を配置するVIのフロントパネルの動作を監視します。

リファレンスは、ローカルアプリケーションインスタンスのVIまたはオブジェクトに配線する必要があります。 リファレンスは、リモートアプリケーションインスタンスでVIまたはオブジェクトに配線できません。
タイムアウト(ms)は、VIが実行を続けることを許可する前に、関数が待機する時間をミリ秒単位で指定します。 デフォルト値は-1で、無限に待機することを示します。
ミリ秒タイマ値は、ミリ秒タイマの値を返します。

フロントパネルアクティビティを待機の詳細

この関数は、「オカーレンス」関数に似ています。 この関数を使用して、ユーザがボタンをクリックする、ノブを回す、またはデータを入力する際など、フロントパネルオブジェクトの値がユーザにより変更された場合のみブロックダイアグラムが実行されるようにします。 この関数がフロントパネルでのユーザによる操作を検知すると、そのブロックダイアグラムをアクティブ化します。 この関数を使用して、フロントパネルオブジェクトの値が変更されたかどうかを決定するためにフロントパネルのポーリングを続行する必要をなくします。 また、この関数を使用して、リモートフロントパネルでの操作を監視することもできます。

メモ  この関数を使用して、マウスのクリックまたはキーストロークなどのフロントパネルのイベントを処理することはできません。 イベントストラクチャを使用して、フロントパネルイベントをプログラム的に処理します。

ポーリングを続行すると、VIが過度に実行されて、ユーザがフロントパネルを操作する前にシステムリソースが不足する原因となる可能性があります。 この関数を使用する場合、ループは関数を実行する際とユーザがフロントパネルオブジェクトの値を変更した際の2回だけユーザ入力に反応します。

次の例に示すVIは、ユーザがユーザ名またはパスワードを入力するかOKボタンをクリックするまで、「フロントパネルアクティビティを待機ノード」を一時停止します。

Whileループに配線されたOKボタンは、「Validate Password」VIと「フロントパネルアクティビティを待機」関数の待機しない!パラメータにユーザ名とパスワードを渡します。 ボタンが関数に配線されていない場合、OKボタンをクリックすることで、デフォルトで実行するとフロントパネルアクティビティを待機するように設定されている「フロントパネルアクティビティを待機」関数などのWhileループのサブダイアグラムが実行されます。 「Validate Password」VIにユーザ名とパスワードを送信するには、ユーザはOKボタンを2回クリックする必要があります。1回目のクリックでVIが起動してループが実行され、2回目のクリックでユーザ名とパスワードがループから「Validate Password」VIに送信されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった