次のミリ秒倍数まで待機 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: タイミングVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ミリ秒タイマの値が、指定されたミリ秒倍数になるまで待機します。 この関数を使用して、動作を同期させます。 この関数をループ内で呼び出して、ループの実行レートを制御できます。 ただし、最初のループの周期は短くなる可能性があります。 0の値をミリ秒倍数入力に配線すると、強制的に現在のスレッドにCPUの制御を譲歩させます。

この関数は、非同期のシステムコールを行いますが、ノード自体は同期して機能します。 したがって、指定された時間が経過するまで実行は完了しません。

詳細  

ミリ秒倍数は、VI実行時に経過時間をミリ秒で指定する入力です。 0の値をこのパラメータに書き込むと、現在のスレッドが強制的にCPUの制御を行います。
ミリ秒タイマ値は、待機後のミリ秒タイマの値を返します。

次のミリ秒倍数まで待機の詳細

たとえば、LabVIEWがVIを呼び出すときにミリ秒倍数が10 msでミリ秒タイマ値が112 msの場合、ミリ秒タイマ値が120 msで10の倍数になるまでVIは8ミリ秒長く待機します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった