テキストファイルに書き込む 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ファイルI/O VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

文字列または文字列の配列を行としてファイルに書き込みます。 この関数は、LLBのファイルに作用しません。

ランダムアクセスのファイル読み取りまたは書き込みを行う必要がある場合、「ファイル位置を設定」関数を使用します。

詳細  サンプル

プロンプトは、ファイルダイアログボックスのファイルとディレクトリ(またはフォルダ)のリストの上に表示されるメッセージです。
ファイルは、refnumまたは絶対ファイルパスにできます。 ファイル入力にパスを配線すると、関数はファイルに書き込む前にファイルを開くか作成して、以前のファイルのコンテンツのすべてを置換します。 ファイル入力にファイルrefnumを配線すると、書き込みはファイルの現在の位置から開始されます。 既存のファイルに追加するには、「ファイル位置を設定」関数を使用して、ファイルの位置をファイルの末尾に設定する必要があります。 デフォルトでは、ファイルダイアログボックスを表示してファイルを選択するように指示します。

空パスまたは相対パスを指定すると、この関数はエラーを返します。 非表示ファイルのパスを指定すると、この関数はエラーを返します。
テキストは、関数がファイルに書き込むデータです。 テキストは、文字列または文字列の配列です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
refnum出力は、関数が読み取るファイルのrefnumです。 ファイルの処理によって、この出力は他のファイル関数に配線できます。 デフォルトは、ファイルがファイルパスによって参照されるか、ファイルダイアログボックスから選択される場合、ファイルを閉じます。 ファイルがrefnumの場合、またはrefnum出力を他の関数に配線した場合、ファイルを閉じるまで、LabVIEWはファイルが使用中であるとみなします。
キャンセルされたは、ファイルダイアログボックスをキャンセルするとTRUEになります。 それ以外は、関数がエラーを返した場合でもキャンセルされたがFALSEになります。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

テキストファイルに書き込むの詳細

この関数は、関数を右クリックして、EOLを変換ショートカットメニュー項目のチェックマークをオフにしても、プラットフォーム依存のEOL文字を配列の要素に追加します。

サンプル

テキストファイルに書き込む関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\Text (ASCII)ディレクトリにあるWrite to Text File and Read from Text File VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった