パレットを書き込む VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: パレットの編集VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

パレットファイル (.mnu) にデータを書き込みます。

注意  このVIを使用してlabview¥menusディレクトリのパレットを編集する場合、編集内容は元のパレットのコピーではなく、元のパレット自身に保存されます。 したがって、いったん編集すると元のパレットを復元できなくなります。

詳細  

アプリケーションリファレンスは、ターゲットへのリファレンスです。 デフォルト値はローカルコンピュータです。 ターゲットがローカルコンピュータでない場合、制御器/関数パレットセットを編集するには、アプリケーションリファレンス入力への配線が必要となります。

基準としたいターゲットでプロジェクトを作成します。 プロジェクト:プロジェクト[]プロパティを使用して、プロジェクトからターゲットリファレンスを取得します。 ターゲットリファレンスがある場合、アプリケーションプロパティを使用して、アプリケーションリファレンスを取得します。
パレットパスは、ファイル名を含む、パレットファイル(.mnu)のパスです。 ファイル名は、拡張子.mnuを付ける必要があります。
パレットタイプは、パレットファイル(.mnu)に制御器パレットまたは関数パレットのどちらを指定するかを決定します。

-1関数
-2制御器
パレットデータは、パレットファイル(.mnu)に書き込むデータです。
表示名は、パレットの名前です。 パレット形式としてカテゴリ(標準)またはカテゴリ(アイコンとテキスト)が選択されている場合、カーソルをパレットアイコンへ移動すると表示名がヒントラベルに表示されます。 パレット形式としてアイコンまたはアイコンとテキストが選択されている場合、カーソルをパレットアイコンへ移動すると表示名がパレットの最上部に表示されます。 パレット形式としてテキストまたはツリーが選択されている場合、表示名はパレットを示すテキストとして表示されます。
表示形式は、選択されたパレット内のパレット項目の外観を設定します。 アイコンテキストアイコンとテキストから選択します。

0アイコン
1テキスト
2アイコンとテキスト
パレット幅は、パレットの1つの行に収めるパレット項目数を指定します。 パレット幅は0以上である必要があります。 パレット幅が0よりも小さい場合、VIはエラーを返します。
項目は、パレットのパレット項目またはサブパレットの名前です。
項目パスは、パレット項目またはサブパレットのパスです。 項目パスは、すべてのタイプのパスを受け入れます。 パレットで空のスロットを作成するには、項目パスを空のままにしておきます。 項目パスが空の場合、項目クラスタにあるすべての追加データを無視します。

ディスクに存在しない項目はパレットに追加されません。 それでも項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、項目パスの最後に<<file not found>>を追加します。
ライブラリパス(lvlib)は、パレット項目のライブラリのパスです。

ライブラリがディスクにない場合、項目は非ライブラリ項目に追加されます。 それでもライブラリ項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、ライブラリパスの最後に<<file not found>>を追加します。
デフォルトのlvlibパレットを使用は、デフォルトのプロジェクトライブラリメニューが使用されるようにVIを構成します。 ライブラリパス(.lvlib)に有効なパスがない場合、LabVIEWはこのオプションを無視します。
短い名前は、パレット項目またはサブパレットの省略形式の名前です。 表示形式としてカテゴリ(アイコンとテキスト)またはアイコンとテキストが選択されている場合、短い名前はパレット項目またはサブパレットの下に表示されます。
VIの内容を配置をTRUEに設定すると、ブロックダイアグラムにVIの内容が配置されます。 VIの内容を配置をFALSEに設定すると、ブロックダイアグラムにVIのアイコンのみが配置されます。
同期項目を隠すをTRUEに設定すると、同期項目が非表示になります。 非同期項目を非表示は、ディレクトリと同期入力を使用してこのパレットをディレクトリと同期する場合にのみ有効です。
同期項目のためにスポットを予約は同期項目用のパレットでスポットを予約します。 この入力は、ディレクトリと同期入力を使用してディレクトリ構造でこのパレットを同期化する場合のみ有効です。
256色アイコンは、パレット項目またはサブパレットを示す8ビットカラーアイコンです。
白黒アイコンは、パレット項目またはサブパレットを表す白黒アイコンです。
ヘルプ情報は、詳細ヘルプウィンドウからリンクするヘルプファイルを特定します。
ヘルプタグは、詳細ヘルプウィンドウからリンクするヘルプファイルのHTMLファイル名またはキーワードです。
ヘルプファイルパスには、詳細ヘルプウィンドウからリンクするファイルのパスまたはシンボリックパスが含まれています。 ヘルプファイルパスは、HTMLファイルまたはコンパイル済みのヘルプファイルです。
パレットの説明は、制御器パレットまたは関数パレットのサブパレットアイコン上にカーソルを移動したとき、またはサブパレットの空白部分にカーソルを移動したときに詳細ヘルプウィンドウに表示されるテキストです。
同期情報は、パレットファイル(.mnu)から読み取られた同期情報です。
ディレクトリと同期は、パレットファイル(.mnu)をディレクトリと同期するかどうかを指定します。
同期ディレクトリパスは、LabVIEWがパレットファイル(.mnu)を同期するディレクトリパスを示します。 パレットがディレクトリと同期する場合、ディレクトリで追加または削除した項目はパレットでも自動的に追加または削除されます。 同期ディレクトリパスは、パレットファイルへの書き込みの際、パスのタイプのすべてを受け入れます。 このVIは、ディレクトリと同期がFALSEの場合、同期ディレクトリパスを無視します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
項目パスは、パレット項目またはサブパレットのパスです。 項目パスは、すべてのタイプのパスを受け入れます。 パレットで空のスロットを作成するには、項目パスを空のままにしておきます。 項目パスが空の場合、項目クラスタにあるすべての追加データを無視します。

ディスクに存在しない項目はパレットに追加されません。 それでも項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、項目パスの最後に<<file not found>>を追加します。
ライブラリパス(lvlib)は、パレット項目のライブラリのパスです。

ライブラリがディスクにない場合、項目は非ライブラリ項目に追加されます。 それでもライブラリ項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、ライブラリパスの最後に<<file not found>>を追加します。
項目は、パレットのパレット項目またはサブパレットの名前です。
項目パスは、パレット項目またはサブパレットのパスです。 項目パスは、すべてのタイプのパスを受け入れます。 パレットで空のスロットを作成するには、項目パスを空のままにしておきます。 項目パスが空の場合、項目クラスタにあるすべての追加データを無視します。

ディスクに存在しない項目はパレットに追加されません。 それでも項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、項目パスの最後に<<file not found>>を追加します。
ライブラリパス(lvlib)は、パレット項目のライブラリのパスです。

ライブラリがディスクにない場合、項目は非ライブラリ項目に追加されます。 それでもライブラリ項目を追加したい場合は、指定したパスが有効であることを確認してから、ライブラリパスの最後に<<file not found>>を追加します。
デフォルトのlvlibパレットを使用は、デフォルトのプロジェクトライブラリメニューが使用されるようにVIを構成します。 ライブラリパス(.lvlib)に有効なパスがない場合、LabVIEWはこのオプションを無視します。
短い名前は、パレット項目またはサブパレットの省略形式の名前です。 表示形式としてカテゴリ(アイコンとテキスト)またはアイコンとテキストが選択されている場合、短い名前はパレット項目またはサブパレットの下に表示されます。
VIの内容を配置をTRUEに設定すると、ブロックダイアグラムにVIの内容が配置されます。 VIの内容を配置をFALSEに設定すると、ブロックダイアグラムにVIのアイコンのみが配置されます。
同期項目を隠すをTRUEに設定すると、同期項目が非表示になります。 非同期項目を非表示は、ディレクトリと同期入力を使用してこのパレットをディレクトリと同期する場合にのみ有効です。
同期項目のためにスポットを予約は同期項目用のパレットでスポットを予約します。 この入力は、ディレクトリと同期入力を使用してディレクトリ構造でこのパレットを同期化する場合のみ有効です。

パレットを書き込むの詳細

パレットファイルにカスタマイズしたデータがない場合、「パレットを読み取る」VIでデータをパレットファイルに抽出します。 パレットデータの編集が完了したら、パレットを更新メソッドを使用してパレットセットをプログラム的に更新します。

メモ  LabVIEWはターゲットごとに異なるパレットセットをロードします。 アプリケーションリファレンスを使用して正しいリファレンスをターゲットに配線せずに、特定のターゲットのパレットセットに書き込みを行うと、VIが返すパスは不正になる可能性があります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった