システムログに書き込む VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ダイアログ&ユーザインタフェースVIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

保管および後で確認するために、nierrlogシステムログにメッセージを書き込みます。

詳細  

メッセージは、システムログに書き込まれるテキストです。
重要度は、システムログがこのメッセージをどのように分類するかを指定します。

0エラー―メッセージをエラーとして指定します。
1警告―メッセージを警告として指定します。
2情報―メッセージを情報テキストとして指定します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

システムログに書き込むの詳細

このVIが書き込んだメッセージは、ご使用のオペレーティングシステムのシステムログビューアを使用して表示できます。

(Windows) Windowsイベントビューアのアプリケーションページを開きます。

(macOS) コンソールを使用してシステムログを表示します。

(Linux) お使いのディストリビューションに適したシステムビューアを使用します。

(NI Linuxリアルタイム) NI Web-based Configuration & Monitoringシステムログビューアページを開きます。

(Phar Lap ETS、VxWorks) コンソールを開きます。 メッセージは、他のコンソール出力と一緒に表示されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった