プロパティノード (XML)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: XMLパーサーVIおよびノード

インストールパッケージ: ベース開発システム

XMLリファレンスを取得 (読み取り) または設定 (書き込み) します。 このノードは、標準のプロパティノードと同様に動作します。

XMLパーサークラスを使用した後は、「閉じる」VIを使用してすべてのリファレンスを閉じることをお勧めします。

サンプル

リファレンスは、既に開いているXMLパーサオブジェクトに関連付けられたRefnumです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
プロパティ 2..nは、設定する(書き込む)プロパティのサンプルです。
リファレンス出力は、未変更のリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
プロパティ 1..nは、取得する(読み取る)プロパティのサンプルです。

サンプル

プロパティノード (XML)関数の使用サンプルは、labview\examples\File IO\XML\Parse XMLディレクトリにあるGenerate XML String with Parser API VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった