微分と積分VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 数学VI

インストールパッケージ: 開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

微分と積分VIを使用して、微分と積分の手順を実行します。

このパレットにあるVIは、数学エラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
求積法適応求積法法を使用して数値積分を実行します。使用する多態性インスタンスを手動で選択する必要があります。
時間領域演算時間領域信号で数学関数の1つを実行します。
数値積分4つの一般的な数値積分法のうちの1つを使用して、データの入力配列の数値積分を実行します。

入力配列入力にデータを配線して自動的に多態性インスタンスを決定するか、インスタンスを手動で選択します。
積分x(t)サンプル信号Xの離散積分操作を実行します。
非一様数値積分台形公式を使用し、入力配列で不均一に分布している値に数値積分を実行します。
微分x(t)サンプル信号Xの離散微分を実行します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった