しきい値検出 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: 信号操作VI

インストールパッケージ: 開発システム

入力シーケンスXを解析して有効なピークを求め、遭遇したピーク数のカウントおよび有効ピーク内のしきい値を超えるポイントを検出する指標のレコードを記録します。

詳細  

Xは入力シーケンスです。Xのサンプル数は、指定された以上にしなければなりません。 X以下の場合、VIはカウントを0に設定してエラーを返します。
しきい値は、すべての有効なピーク値がサンプルのの持続時間と同じか、それ以上のレベルです。デフォルト値は0.0です。
は、サンプル数で、最小幅を決定します。この最小幅では、入力シーケンスXは有効とみなされる候補ピークのしきい値以上でなければなりません。また、は0以上である必要があります。が0以下の場合、VIはカウントを0に設定してエラーを返します。デフォルトは1です。
指標には、すべての有効なピークの開始指標が含まれています。
カウントは有効なピーク数です。
エラーは、VIからエラーまたは警告を返します。エラーは「エラーコードからエラークラスタ」VIに配線して、エラーコードまたは警告をエラークラスタに変換することができます。

しきい値検出の詳細

ピークは、連続するXの要素がしきい値を超え、しきい値を超える要素の数が幅の値以上である場合に有効となります。「しきい値検出」VIは、しきい値を超える連続する要素の数が以上であるピークを検出します。

以下の図は、しきい値が0.1、が4である場合の正弦波形のしきい値検出の結果を示しています。緑色のクロスは、検出されたピークの最初の指標を示しています。

以下の図も有効なピークを示しています。この図では、入力波形はステップ信号です。しきい値は0.5、は5です。13個の連続する要素がしきい値を超えるため、ピークの最初の指標は8です。

LabVIEWを使用したピーク検出については、ni.comの以下のサポートドキュメントを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった