ネットワークストリーム関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Real-Time, Windows)。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

ネットワークストリーム関数を使用して、2つのLabVIEWアプリケーション間でデータを継続的にストリーミングします。

パレットオブジェクト説明
ストリームエンドポイントを破棄指定したエンドポイントを破棄します。 ストリームを完全に破棄して割り当てられたメモリを解放するには、読み取りポイントと書き込みポイントの両方を破棄する必要があります。 ストリームを破棄する際にデータの損失を防ぐために、この関数の前に書き込みエンドポイントで「ストリームを排出」関数を使用します。
ストリームから単一要素を読み取るネットワークストリームから単一要素を読み取ります。 この関数は読み取りエンドポイントのみから呼び出しが可能です。
ストリームから複数要素を読み取るネットワークストリームから要素の配列を読み取ります。 この関数は読み取りエンドポイントのみから呼び出しが可能です。
ストリームに単一要素を書き込むネットワークストリームに単一要素を書き込みます。 この関数は書き込みエンドポイントのみから呼び出しが可能です。
ストリームに複数要素を書き込むネットワークストリームに要素の配列を書き込みます。 この関数は書き込みエンドポイントのみから呼び出しが可能です。
ストリームを排出データフローが再開される前にすべてのデータを読み取りエンドポイントに転送します。 この関数は書き込みエンドポイントのみから呼び出しが可能です。 「エンドポイントを破棄」関数を使用する前にこの関数を使用して、破棄する前に書き込みエンドポイントバッファが確実に空になるようにします。
ネットワークストリームプロパティノードリファレンスの取得 (読み取り) および/または設定 (書き込み) プロパティです。
ネットワークストリーム書き込みエンドポイントを作成ネットワークストリームの書き込みエンドポイントを作成します。 この関数を実行するには、「ネットワークストリーム読み取りエンドポイントを作成」関数で読み取りエンドポイントも作成する必要があります。 この関数の読み取りURL入力または「ネットワークストリーム読み取りエンドポイントを作成」関数の書き込みURL入力のいずれかを配線する必要があります。 これらの入力端子のどちらにも入力しないと、エンドポイントがネットワークストリームを作成しません。 この関数の使用に関する情報は、アプリケーション間でのデータのストリーミングおよびコマンドの送信トピックを参照してください。
ネットワークストリーム読み取りエンドポイントを作成ネットワークストリームの読み取りエンドポイントを作成します。 この関数を実行するには、「ネットワークストリーム書き込みエンドポイントを作成」関数で書き込みエンドポイントを作成する必要があります。 この関数の書き込みURL入力または「ネットワークストリーム書き込みエンドポイントを作成」関数の読み取りURL入力のいずれかを配線する必要があります。 これらの入力端子のどちらにも入力しないと、エンドポイントがネットワークストリームを作成しません。 この関数の使用に関する情報は、アプリケーション間でのデータのストリーミングおよびコマンドの送信トピックを参照してください。


「データ通信方法」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった