プロパティノード (ActiveX)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: ActiveX関数

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

リファレンス取得 (読み取り) および/または設定 (書き込み) プロパティです。

プロパティノード (ActiveX) は、ActiveXプロパティにアクセスできるよう事前に構成されています。 このノードは、標準のプロパティノードと同様に動作します。

詳細  

リファレンスは、プロパティの設定または取得を行なうオブジェクトに関連付けられたrefnumです。 プロパティノードのクラスがアプリケーションまたはVIの場合、この入力に対するrefnumを配線する必要はありません。 アプリケーションクラスの場合、デフォルトは現在のアプリケーションインスタンスです。 VIクラスの場合、デフォルトはプロパティノードが含まれているVIです。

また、LabVIEWクラスをリファレンス入力に配線して、LabVIEWクラスのプライベートデータにアクセスすることもできます。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
プロパティ 2..nは、設定する(書き込む)プロパティのサンプルです。
リファレンス出力は、未変更のリファレンスを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。
プロパティ 1..nは、取得する(読み取る)プロパティのサンプルです。

プロパティノード (ActiveX)の詳細

配線するプロパティがバリアントの場合、LabVIEWデータを配線し、そのデータを自動的に強制ドットにより示されるバリアントデータタイプに変換できます。 ActiveXは64ビット整数データタイプをサポートしていません。 64ビット整数データをActiveXプロパティノードのバリアントパラメータに配線する場合、LabVIEWではデータが倍精度浮動小数点数に変換されます。 プロパティがバリアントの場合、必要に応じて「バリアントからデータに変換」関数でLabVIEWデータに変換します。 プロパティノードを右クリックし、ショートカットメニューからクラスを選択→ActiveX→参照を選択してタイプライブラリからオブジェクトを選択ダイアログボックスを表示します。

フロントパネルまたはブロックダイアグラムで、ActiveXオブジェクトを右クリックして作成→プロパティノードを選択し、ショートカットメニューからプロパティを選択して、オブジェクトのプロパティを設定します。 また、ActiveXオブジェクトにActiveX特有のプロパティを選択することもできます。 ブロックダイアグラムでActiveXオブジェクトを右クリックし、作成→プロパティノードを選択して、ショートカットメニューからActiveX特有のプロパティを選択します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった