プロトコルVIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: データ通信VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

プロトコルVIおよび関数を使用して、TCP/IP、UDP、シリアル、IrDA、Bluetooth、SMTPなどのプロトコルによるアプリケーション間のデータ交換を行います。

このパレットのVIおよび関数は、シリアルエラーコードおよびSMTP Eメール応答コードを返します。

サブパレット説明
Bluetooth VIおよび関数Bluetooth VIおよび関数を使用して、Bluetooth通信プロトコルを使用するデバイスと通信します。
FTP VIFTP VIを使用して、未処理データ/ファイルをFTPにアップロードまたはFTPからダウンロードします。
IrDA関数IrDA関数を使用して、別々のコンピュータで実行しているVI間でのワイヤレス通信リンクを確立します。
SMTP EメールVISMTP EメールVIを使用して、データやファイルの添付を含むEメールを送信できます。このEメール送信には、簡易メール転送プロトコル(SMTP)が使用されます。 SMTPサーバとTLS(Transport Layer Security)を使用して通信することにより、セキュリティを強化できます。 また、SMTPクライアントの認証情報を指定できます。 しかし、SMTP EメールVIを使用して情報を受け取ることはできません。
TCP VIおよび関数TCP VIおよび関数を使用して、TCPネットワーク上のデバイスと通信します。
UDP VIおよび関数UDP VIおよび関数を使用して、リモートUDPソケット上のデバイスと通信します。
WebDAV VIWebDAV VIを使用して、WebDAVサーバとの間で安全なファイル転送を行います。 WebDAV (Web Distributing Authoring and Versioning) を使用すると、ウェブサーバまたはウェブ共有のドキュメントやファイルを保存、編集、管理できます。
シリアルVIおよび関数シリアルVIおよび関数を使用して、シリアルポートに接続されたデバイスと通信するVISA VIおよび関数にアクセスします。 VISAパレットにあるその他の関数も使用できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった