マシンエイリアスを解決 VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TCP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

ネットワークおよびVIサーバ関数で使用できる、マシンのネットワークアドレスを返します。

詳細  

アプリケーションRefnumはLabVIEWアプリケーションへのリファレンスです。
マシンエイリアスは、コンピュータのエイリアスです。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
アプリケーションRefnum出力は、アプリケーションRefnumで指定されたアプリケーションリファレンスを引き渡します。
ネットワーク識別は、IPアドレスなどのマシンに対するネットワークアドレスです。 このVIはマシンエイリアスを解決できない場合、エラーを返し、マシンエイリアスの値をネットワーク識別として返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

マシンエイリアスを解決の詳細

「マシンエイリアスを解決」VIはLabVIEWプロジェクトの.aliasesファイルで指定されたマシンエイリアスのネットワークアドレスを返します。 この.aliasesファイルは、LabVIEWプロジェクトで指定するマッピングで自動的に更新されます。 .aliasesファイルの一連のマッピングを拡張できます。 .aliasesファイルのマッピングを拡張し、LabVIEWプロジェクトをソース管理にチェックインする場合、ソース管理に.aliasesファイルもチェックインする必要があります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった