文字列をIPアドレスに変換 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: TCP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

文字列をIPネットワークアドレスまたはIPネットワークアドレスの配列に変換します。

詳細  サンプル

名前は、変換する文字列です。 空の場合、ネットアドレスは現在のマシンのIPネットワークアドレスになります。
ネットアドレスは、名前と同じIPネットワークアドレスです。これは、IPネットワークアドレスのドット表記形式での符号なし数値表現です。

文字列をIPアドレスに変換の詳細

「文字列をIPアドレスに変換」関数では、標準10進法、8進法、またそれらの組み合せを使用できます。 文字列に先行ゼロを入力すると、「文字列をIPアドレスに変換」関数はその文字列を8進数値とみなします。

「文字列をIPアドレスに変換」が単一出力モードの場合、オペレーティングシステムのリゾルバから最初にネットアドレスが返されます。 「文字列をIPアドレスに変換」が複数出力モードの場合、結果はオペレーティングシステムのリゾルバによって返されるすべてのIPネットワークアドレスの配列です。 ノードが文字列の変換に失敗した場合、結果は単一出力モードではゼロの値、複数出力モードでは空の配列になります。

単一出力モードと複数出力モードを切り替えるには、ノードを右クリックして、ショートカットメニューから複数出力を選択します。

サンプル

文字列をIPアドレスに変換関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\UDP\UDP MulticastディレクトリにあるUDP Multicast.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった