TCPリスナを作成 関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: TCP VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム

TCPネットワーク接続へのリスナを作成します。 0をポート入力に配線して、オペレーティングシステムが有効と決定する使用可能なTCPポートを動的に選択します。 「TCP接続を開く」関数を使用して、NI サービスロケータサービス名で登録されたポート番号をクエリします。

サンプル

ネットアドレスはリスンするネットワークアドレスを指定します。 2つのイーサネットカードなど、複数のネットワークカードがあり、指定されたアドレスのカードのみリスンする場合に役立ちます。 ネットワークアドレスを指定しない場合、LabVIEWはすべてのネットワークアドレスでリスンします。 「文字列をIPアドレスに変換」関数を使用して、現在のコンピュータのIPネットワークアドレスを取得します。
サービス名は、ポート番号の既存のリファレンスを作成します。 サービス名を指定する場合、LabVIEWはNIサービスロケータを使用してサービス名とポート番号を登録します。
ポートは、接続を認識するポート番号です。
タイムアウト(ms)は、関数が完了してエラーを返すまで関数が待機する時間をミリ秒で指定します。 デフォルト値は25,000ミリ秒(25分)です。 値-1を指定すると無限に待機します。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。 この入力は、標準エラー入力として機能します。
リスナIDは、リスナを固有に識別するネットワーク接続refnumです。
ポートは、この関数が使用したポート番号を返します。 入力ポートが0でない場合、出力ポート番号は入力ポート番号と等しくなります。 0をポート入力に配線して、オペレーティングシステムが有効と決定する使用可能なTCPポートを動的に選択します。 Internet Assigned Numbers Authority(IANA)により定義されているとおり、有効なポート番号の範囲は49152~65535です。 Well Knownポートの範囲は0~1023、Registeredポートの範囲は1024~49151です。 一部のオペレーティングシステムは、IANA規格に準拠していません。たとえば、Windowsは1024~5000の範囲のダイナミックポートを返します。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。 この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

TCPリスナを作成関数の使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Protocols\TCP\TCP Named ServiceディレクトリにあるTCP Named Service.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった